東京 closing down

青年の日常や苦悩と歯痒いまでのリアリティに落とし込まれる楽曲の数々に、全編エンドロールな新進気鋭の問題作 Photo by shun nishimu

芽生

夜を越えて 4/6

桜が綺麗だった。 毎年、この季節になれば目にしていたはずなのに、意識するより先に足を止めるほど、目を奪われた。 忙殺される日々から抜け出した四月の初頭、沿道に植えられたソメイヨシノは満開だった。 白桃の綿飴みたいなその一木も、近くに寄れば、一…