読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京 closing down

青年の日常や苦悩と歯痒いまでのリアリティに落とし込まれる楽曲の数々に、全編エンドロールな新進気鋭の問題作 Photo by shun nishimu

第一回【イデオロギーとは】

たくちゃんの偏見解

 

とんでもなく偏った見解で世の中の事象・事柄を理解する《たくちゃんの偏見解》のコーナー

 

第一回【イデオロギーとは】

 

学生のイメージ

 

 最近ニュースや、政治的発言に躊躇のない著名人が、ふとした呟きに織り込むことで注目を浴びてきた“イデオロギー”。

 

 下記、大辞林より引用した解説だ。
 
  ①社会集団や社会的立場(国家・階級・党派・性別など)において思想・行動や生活の仕方を徹底的に制約している観念・信条の体系。
   歴史的・社会的立場を反映した思想・意識の体系。観念形態。

 

 この時点で、ボキャブラリーが「ワロタ」と「それな」に限られる学生の大半が脱落しただろう。

 

 

 念のため、イデオロギーについて何の理解も関心もない学生に

 

 「イデオロギーって知ってる?」とインタビューしたところ、

 

 「どんなバンド?カッコいい?」とボーカルがマッシュヘアーのインディーズバンドを想起していることがわかった。

 

 そんな学生は数年ぶりに再会した、有名国立大学に在学中の同級生の口から

 

 「産経新聞の社説はイデオロギー色が強すぎてね」

 

 と聞こうものなら、Twitterを更新しながら「ワロタ。それな」と返すのだろう。

 

 

 そこで今回我々は、イデオロギーをコオロギで説明することに成功した。

 

 

koorogi
 

 下記、難読語辞典より引用したコオロギの解説だ。

 

  蟋蟀 読み方:コオロギ(koorogi)

  直翅目コオロギ類の昆虫の総称

 

 

 ちなみにコオロギについても同学生にインタビューしたところ

 

 「キモいよね」との回答が得られた。

 

 キモいと感じるということはつまり、コオロギの存在は把握しているのだろう。

 

 

 ここでは、賢く見せるため以下、koorogiと表記する。

 

 

 そう、koorogiとは茶色のボディと季節を感じさせる鳴き声が特徴の昆虫である。

 

 一見したところゴキブリ(以下gokiburi)と大差がなく感じるが、不思議とkoorogiの方はそこまで疎まれていない。

 

 

 その違いを考えた時、ずばり鳴き声の有無が評価を左右しているのではないか、と我々は考えた。

 

 カブトムシのような強そうな角、蝶のような鮮やかな羽、それらはしばしば飼育される対象となってきた。

 

 

 翻ってgokiburiは男子をくすぐるような特徴をもっていない。

 

 それでいて外界ではなく、台所といったような粋なスポットに頻繁に出現する稀少性の低さも懸念点だ。

 

 

 察するところ、gokiburiに稀少価値を与えたのがkoorogiだ。

 

 夏の終わりから冬にかけての期間のみ確認することができ、優しい音色の鳴き声は秋の代名詞だ。

 

 

 ideologie=koorogie

 

 

 イデオロギーとはつまり、コオロギーなのだ。

 

 

罅割れる大地、世界の終焉、そしてアダムは

 

 すんでのところで攻撃をかわしたコウ・ロギーは、直ぐにカウンターの動作に移った。

 

 しかしコウの振り下ろした聖剣は、イデオ・ロギーに軽々と防がれた。

 

 

 「お前に私を倒すことはできん。」

 

 

 イデオは掴んだ聖剣を他方へと投げやった。

 

 

 「どうしてなんだよ、父さん!なんでこんなことするんだ!」

 

 

 疲弊で片膝をついたコウは、イデオに叫んだ。

 

 コウに背を向けたままイデオは、巨大なコンピュータを操作した。

 

 

 「お前にもわかる日が来る。これは世界への救済だ。救済に、犠牲は付き物だ。」

 

 

 イデオは振り返り、静かに言った。

 

 

 「資本主義は終わりだ。この世界にはよりよいイデオロギーが必要なのだよ。」

 

 「そんな左翼的な発言ばかりしないで、投票に行こうよ!」

 

 「お前はいつまで右翼にすがっているつもりだ。そもそもこの国には投票されるべき政治家はいない。棄権だよ。」

 

 「みんなが根本的に共通の考えである思想がイデオロギーだろ!?」

 

 「その通りだ。しかし資本主義というイデオロギーには重大な欠陥がある。」

 

 「じゃあ、民主主義と資本主義のいいところを合わせた国にすればいいじゃないか!」

 

 「ぐむむ、その通りだ。」

 

 「父さん。」

 

 「コウ。」

 

 

 二人は静かに、結ばれた。

 

 イデオロギー=コウロギーとなったのだ。

 

 

 それが、日本!

 

 

 民主主義であり、資本主義である、それが、日本!

 

 

 NIPPON! NIPPON!

 

 

 うわあああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1

 

 

終わりに

 

 いかがでしたか?

 

 いろんなイデオロギーがあるので、みなさんもお気に入りのイデオロギーを探してみては?