東京 closing down

青年の日常や苦悩と歯痒いまでのリアリティに落とし込まれる楽曲の数々に、全編エンドロールな新進気鋭の問題作 Photo by shun nishimu

湿った夢

 

清流の音だ。

 

清らかに流れる、透明な川だ。

 

その澄んだ音に耳をあずけ、誘われるように、黒く湿った木々を、すり抜けるように歩いた。

 

斜面はないから、山ではなく林のような場所だろう。

 

足取りは軽く、いや、ほとんど浮いているようで、だけれども後ろを振り返れば、しっかりと足跡がついているのだから、確かに、地に足はついているんだろう。

 

不快さのない、涼やかな湿り気が漂いながらも、霧のようなもので視界は良くない。

 

踏みしめる足元で、落ちた枝がぽき、ぽき、と音を立てるのが面白かった。

 

ぽき、ぽき、と口に出してみて、しばらく笑った。

 

清流の音が近くなっていた。

 

川があれば、まず顔を洗おう。

 

そして、水を飲もう。

 

きっと美味しいはずだ。

 

そういえば、喉が渇いている。

 

突然、目の前に雄大な巨木が現れた。

 

艶々していて、けれども人を寄せ付けないような荘厳さを兼ねて、薄暗いなかに鎮座していた。

 

見上げてみても、その枝葉は霧に包まれていて、確認することができない。

 

幾重にも張った根は見るからに屈強そうで、その巨体を支えてきた勇ましさと年月を物語っている。

 

清流の音が一層大きくなっていた。

 

この巨木の裏に、川があるんだ。

 

回り込もうと巨木の周囲を歩いたが、いつまで歩いても、その裏には辿り着けなかった。

 

しばらく巨木を沿って歩いたが、相変わらず足元ではぽき、ぽき、と枝が折れ、その度に少しだけ笑って、喉の渇きを思い出した。

 

足元には太い根が四方に張っている。

 

清流の音はすぐ近くで鳴っているのに、目の前の巨木が邪魔をしている。

 

急に、無性に、腹がたってきた。

 

突発性の怒りは沸々と沸き上がり、足元で折れる枝にさえ怒髪を向け、そもそもの悪はこいつじゃないかと、立ちはだかる巨木を睨みつけた。

 

人も殴ったことがないのに、巨木をなぎ払うように右腕を振った。

 

腕が幹に衝突すると、拍子抜けするほど、するりとその巨体は身を翻した。

 

気がつけば、目の前には何もなく、文字通り、巨木はおろか、川も、湿った木も、何もなくなっていた。

 

振り返ってみれば、踏み鳴らした枝も、足跡も、そもそも林が、空間が消失していた。

 

虚空を眺める、とはよく言ったもので、この状況の場合、視界には虚空しかないのだから、それも仕方ないよなあと、別次元で虚空を眺める誰かに少しだけ同情して、虚空を眺めた。

 

立ちはだかっていたのは象徴だった。

 

最初から木なんて生えてない。

 

地面に張っていたのは自分の意地だった。

 

見上げても木の頂上が見えなかったのは、自分の将来の不透明さだった。

 

そして、巨木は自分自身だった。

 

立派に見せていても、見せかけでしかない。

 

自分探しの旅だろうか、でも、自分を探している自分が本当の自分なら、探しに行っているのは、何なのだろうか。

 

行ったことも見たこともない場所に、違う自分が待っているのだろうか。

 

そこに自分がいるとして、じゃあ、探しに行くのは、自分は一体誰なんだろう。

 

今の自分は、自分じゃないんだろうか。

 

目の前に巨木が現れた。

 

それを右腕ではらう。

 

後に残ったのは、古ぼけたブラウン管テレビだった。

 

ブラウン管の画面にはいわゆる、砂嵐が流れて、絶え間ないスノーノイズが聞こえた。

 

清流だと思っていた、ざーざーという音は、なるほど、その正体は、スノーノイズだった。

 

川の音と、確かに、似ているよなぁと、自嘲して、ポツンと置かれたブラウン管テレビは、昔、祖母の部屋に置いてあったものだと気付いた。

 

なんだ、と拍子抜けして、おばあちゃんだったんだと、懐かしい気持ちになった。

 

林の中を歩いたことが遠い昔のことのように思え、自分の勘違いがいやに可笑しくて、その場で砂嵐を眺めながら、一人で笑った。

 

いつまでも、一人で笑っていた。